就活?アルバイト?どちらも充実させるコツ3選

就活とアルバイトをうまくコントロールすれば就活は成功する

就活する学生は、『就職』、『学業』、『アルバイト』、『恋愛』など

たくさんのtodoをを同時に行う必要があります。

恋愛と学業は自分の裁量次第なので、そこまで重しにならなくても

生活に関わってくるアルバイトは別です。

しかし、逆をいえばアルバイトと同時に就活を行い

どちらも充実させるコツが分かれば

就活を成功させる可能性が高まるのは間違いありません

そこで今回は『就活』と『アルバイト』の両方を十分に充実させることができるコツを3つご紹介します。

1:1週間単位でアルバイトと就活の日を決める

1週間のうちの7日間を前半と後半で分けてそれぞれ

就活日とアルバイト日で就職活動期間中は切り離して活動すると

生活のリズムを整えやすいです。

1週間単位でスケジュールを決めてしまえば、

就活日にアルバイトを入れることは絶対にしない

その逆も同じという具合に定型化された生活リズムを作ることができます

ES作成や、企業分析、OB訪問の準備はバイトの日の空き時間、

就活の日には選考が終われば、息抜きの時間などを計画的につくれます。

全くスケジュールを決めずに『その日に面接が入ったから行く』という

リズムでは準備不足になったり、スケジュールを忘れてしまうこともあります。

1週間単位でアウトラインを決めてしまうことで

自分のスケジュール調整もしやすくなりますし、

計画性が高まり就活とアルバイトの充実に繋がります

2:有給インターンに参加

インターンは就職活動の主流になっているため大半の就活生は知っているでしょう。

インターンにも種類があり、1デーや2デー、

または長期的なインターンとように期間で種類を分けることもできます。

アルバイトの目的は生活費を稼ぐことでしょうし、

職種にはあまりこだわっていない学生が傾向としては多いため

ここでは有給型インターンをオススメします。

はっきり言いますと、この方法が就活とアルバイトの両方を充実させる最も効率的なコツだと言えます。

仮にそのインターン企業に入社したいと考えているならば就活としてもアルバイトとしても非常に効率的です。

現在アルバイトをやっている学生でもアルバイトの頻度を少なくして

空いた分は有給型インターンに回せば一挙両得ですね。

企業のなかにも長期的インターンを行うケースも増えつつあります。

特にベンチャー企業では積極的にインターンを募集しています。

3:目的意識を明確にする

最後はテクニックの話ではなく気持ちや意識の話です。

そのどちらも妥協したくない現状のままでアルバイトも就活も充実させたいという場合は、

どちらに対しても目的意識を明確に持つことです。

アルバイトはお金稼ぎが目的ですが、より深い目的を持ちましょう。

なぜ自分がお金を稼ぐ必要があるのかをより深く明確にすることで、

『アルバイトせざる得ない』状況を作り自分の環境を追い込むのです。

就活も同じです。

就活は就職するためが目的ですが、なぜ自分は就活するのかという目的意識を明確にしてください。

これについては、ただ何となく他の学生も就職するから

就活することが当たり前ということで特に目的もなく就職を決めてしまう学生がいますが、

それでは就職後に早期に辞めてしまい意味がなくなります。

そのリスクヘッジも兼ねて目的意識を明確にしてください。

意識をすることは非常に重要なことです。

それを行動に移すことができればより素晴らしい結果を生み出します。

4:コツを意識して就活もアルバイトも充実させよう!

今回はテクニックを2つと意識を1つご紹介しました。

アルバイトも就活も両方大事だと思えるならば、

両方に意識を高く持っていきましょう。

どちらも自分にとっては必要な生活の一部になりますので

就活とアルバイトの両方を充実させて最高の就活期間にしてください。