【後悔のない就活】積極的に行動するための7つの意識

7つの意識を常に持ち続けて最善の就活をしよう!

「行動するやる気がでない….」

そんなあなたに、今回は「最強の行動力」を手に入れるためのアドバイスを七つご用意いたしました。

何事も気持ちの問題、今日から実践できることですので、是非最後まで読んで生活に取り入れていただきたいと思います。

ブックマークして、忘れそうになった時は読み返してくださいね。

①他人や環境のせいにはしない

時間がないのは環境のせいだとおもっていませんか?

どうしても忙しくて、やりたいことができない。どうしても忙しくて、思っているようにいかない。

そう思っているあなたには、少し甘えのフィルターがかかっているのだと思います。

まず理解して欲しいのは、それは環境のせいではなく、自分のせいです。

その状況を解決するために、アクションをしましたか?

まずは自分を変えることから。

すると、意外にも解決の糸口が見えてくることもあるものです。

「世界に変化を望むなら、自らが変化となれ」

Mohandas Karamchand Gandhi

②ほんの少し行動する

考えてから、行動するようにしよう。

それは仕事においては絶対的に守らなければいけないセオリーです。

考えることによって、最善な選択は何かということを絞り、行動することによりそれを達成する。

このプロセスは、人生においてもものすごく重要です。しかし、単体でみると、行動するということが圧倒的に重要であるということにきづいていましたか?

「知識は次に何をするのか知ること、技術はどやり方をしっていること、美徳はそれを行うということ」

David Starr Jordan

つまり、美徳は、行動によってしか図ることができないということです。

本を読んで、識者の意見をつらつら述べて、わかったかのような顔をしている上司や、教授なんかよりも、前に向かって突き進んだ行動をした方が、ずっと偉大なことをしているのです。

 

③21日間、気合を振り絞る

3日坊主という言葉通り、90%以上の人が数日で行動を諦めてしまいます。なぜなのか?それは、変化することには痛みや苦しみが伴うからです。

さて、それではどうすれば良いのでしょうか?

答えは一つ、習慣にしてしまうのです。諦めるという次元を超えて、生活の一部に組み込んでしまうのです。

10%の人々は、習慣の凄さを知っています。

21日間の壁を知っています。最初の21日間はものすごくエネルギーを使います。ただ、そのあとは習慣になり、想像しているより楽に、その行動続けられるようになるのです。

ロケットが発射する一瞬の間に使う燃料は、地球から月(約384,400 km)までに消費するより何倍も多いのと同じです。

④夢を持つ

最強の行動力に拍車をかけるには、孤高なる夢が必要です。

あなたはあなた描く夢以上に豊かにはなれません。

豊かになるということが、行動力の源泉になるのです。

「あなたの心の中に大きな夢を描いてください。なぜなら、自分が描く以上の素晴らしい人間にはなれないのだから」

Benjamin Disraeli

夢を追い続けること=人間が豊かな人生を送るということだと思います。

例えば、20歳で夢を追うことをやめ、時の流れにのり、時間が過ぎていくままに生きる人と、90歳になっても、夢を追い続け新しいことにチャレンジしている人、どちらの方が充実した人生を送っているのでしょうか。

⑤期日をコミットする

夢を達成するために、行動をしていくのですが、何から行動していけばいいのか分からないという状況に陥ることも少なくありません。

そのために、夢に辿り着くためのマイルストーンを具体的に設定していきましょう。なぜ、マイルストーンが必要なのか?

それは、自らの成果を明らかにすることが、行動をし続けることにつながるからです。

行動したにも関わらず、達成感がなければ、行動することをやめてしまうことにもなりかねません。

「私はいつまでに、この目標を達成します。」その意志表明によって、逃げることができない、環境を自らつくりあげるのです。

⑥失敗に感謝する

夢を持って、目標を達成するために行動をしていくと、困難に必ず直面します。恐れず挑戦しても、失敗してしまうことがあるでしょう。むしろ、そうなることが確実でしょう。

しかし、そこで諦めてはいけません。その失敗は後悔しない人生を形作る最高の材料であるのです。

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」

Thomas Alva Edison

⑦個人の意見を持つ

「怖いよアリス、俺の頭は賑やかすぎる。俺はイカれたのか?」「残念ながら貴方は完全におかしい。

でもイイことを教えてあげる、偉大な人はみんなそう。」大勢の人たちが向かう先には、出口しかありません。

あなたの物語はまだ、入り口からほんの数メートルのところでしかありません。自分がすることに、自分の納得する理由があるのであれば、後悔しない人生ではないでしょうか。

まとめ:何事にもポジティブに進んでいこう!

マハトマ・ガンジーも、アイザックニュートンも、ガリレオ・ガリレイも、ダ・ヴィンチも、偉大な人物は大多数のうちの一人ではないのです。

あなたは後悔しない人生を選択しますか?

【参考図書】

Who will cry when you die? Robin Sharma著