内定はきみすか?キミスカでスカウトGETの禁断テク3選

本当の自分を表現するのが苦手な就活生にとって、WEBで自己PRができ企業からスカウトを受けられるサービスがあります。

それが、就活サイト『キミスカです。

今回は、『キミスカ』のなかで、他の就活生と差別化してPRするための裏技を4つ紹介いたします。

(こちらの記事が人気になってしまうと裏技ではなくなってしまいますので、絶対に『いいね』はしないようにね、絶対だよ。ちなみに『いいね』は記事の最後にできるよ

【キミスカ禁断テク1】写真で差別化を図ろう!キミスカプロフィールは私服・満面の笑み・趣味の3つで閲覧される時間100倍

まず重要な要素は写真です。プロフィール写真は、採用担当者が必ず目を向けてしまうようなものにすれば良いのです。

いわば、『キミスカ』も出会い系サイトそのもの。

(表現がよろしくなく失礼いたします。)

見ている人も人間なので、つい目が行ってしまうような写真を選びましょう。

キミスカの写真で最低限押さえておきたい5つのポイント

キミスカだけでなく、他のスカウト型の就活ツールの写真でもできる限り5つのポイントを押さえて掲載しましょう

  • 笑顔
  • 趣味
  • 私服(ユニフォームでも可能)
  • 暖色系もしくは、明るい場所での写真
  • 顔がはっきり写っている写真

マル秘の究極奥義レベルのたった2つの写真テクニック

キミスカのようなスカウト型ツールは差別化をすることが大事。

だからこそ、究極に差別化をしたいキミは下記に挑戦しよう。

  • 加工ツールを利用して写真のイメージを整形
  • もはや、「バーン!」「ドドドドド!」「求める人材です!」とか背景に書いちゃう

キミスカの写真で最低限押さえておきたいNGポイント4つ

こちらもキミスカだけでなく、どの就活ツールでも、SNSでも、出会い系アプリでも・・・なんでも印象がよくないので注意しましょう。

  • 写真を頻繁に変更
  • 動物の写真
  • 自然の写真
  • 上目遣いの自撮り

【キミスカ禁断テク2】最低限は入力率100%!惹きつけられる自己PR例は上手な人から学ぼう!

写真の次に重要なのは、プロフィールでしょう。

プロフィールがしっかりと入力されていることは、その人の人柄もしっかりとしていると捉えられることも少なくありません。

プロフィール入力は100%入力が当たり前

もちろんプロフィール入力率は100%が最低限のスタートです。

未入力の部分はなんですか?面接でも秘密にするつもりですか?

それは無理だと思うのでしっかりと書きましょう。

ちなみにキミスカによると・・・

プロフィールを埋めている人の平均スカウト受信数⇒30.9通
プロフィールを埋めていない人の平均スカウト受信数⇒14.7通

明らかに違うので、もうお分かりですね。

まずはプロフィールを入力です。

自己PR例なんて調べてる場合じゃない。上手い人を真似しなさい!

残念なことに、「自己PR 例」で検索しても大した記事は出てきません。

むしろ、記事単価600円程度で外注された、残念なキュレーションサイトの微妙な自己PR例が出てくるだけです。

筆者がオススメしているのは、他のスカウト型サービスで取り上げられている学生の自己紹介をオマージュすることです。

例えば、『ガクセン』というサービスでも、一人一人の学生が取材形式で自己PRをしていますので、ランキング上位の方の表現を真似してみるのもよいでしょう。

【キミスカ禁断テク3】スカウトメールへの返信エントリーはできる限りしとけ!なぜならサイト内SEOが働くから!

上記で紹介した2つを適切に行うことができれば、スカウトメールは確実に多くなります。

しかし、それ以上究極レベルまでスカウトを受け取りたいのであれば、キミスカ利用時間と、スカウトに対しての返信は必須だと考えておきましょう。

なぜスカウトメールへの返信が必須なのか?

さまざまな条件を指定して、企業はあなたを検索します。

その時に、一番検索されやすいのは、『アクティブ』なキミスカユーザーです。

アクティブとはどういった学生でしょうか?

それは、キミスカに定期的にログインし、基本情報が完璧に埋められており、企業とたくさんやり取りをしている学生であることは間違いありません!

ちなみに、スカウトメールへの返信が確実にサイト内SEOになるということの根拠はありません!(ドヤッ!!)

しかし、筆者が伝えたいのはそれくらいの考えを持って取り組んでいると自然とスカウトが集まるということですので、ガクチカ信者になってやってみてください。

素敵な返信メールのテンプレート例

サイト名にある定型文を使っていても趣がないので、今回は返信メールのテンプレート例を掲載いたします。

若干媚を売っていますが、是非利用したい方は使ってみてください。

タイトル

【スカウトの御礼】◯◯大学 ガクチカ太郎

本文

株式会社△△ 人事採用ご担当者様

こんにちは。

◯◯大学のガクチカ太郎と申します。

この度は、キミスカにて御社よりスカウトをいただき非常に嬉しく感じております。御社のHPを拝見し、私の【プロフィールの内容と合いそうなこと】を活かせる素晴らしい環境が整っていると感じました。

ご連絡いただきました内容しかり、御社の選考も非常に興味があります。是非選考の方受けさえていただけないでしょうか。

お忙しいところ畏れ入りますが、ご連絡お待ちしております。

引き続きよろしくお願い致します。

———————————————-

署名

———————————————-

【キミスカプラスα】効率的にキミスカを利用する上で重要なこと

希望条件に合致した企業から複数のスカウトを受けた場合、そのなかでも特に興味がある企業とそうではない企業があるはずです。

希望に合致するかと言ってスカウトしてきた順に対応するのではなく自分のなかで優先順位を決めて優先度の高い企業から順にスカウト対応をしてください。

企業が配信するスカウトメールには3つの種類があり、それぞれの種類には意味があります。

興味度合が高い、普通、低いの3つになりますが、就活生自身のなかで優先度がつけられないのであれば、早期内定のために相手である企業が自分に対してどれだけ興味を持っているかの順に対応するでも良いです。

【キミスカプラスα】他のスカウトサービスもしっかり見ておきましょう。

キミスカの禁断テクを4つ紹介してきましたが、就活ツールはなにも「キミスカ」だけではありません。

ここまでご紹介した4つの方法を実践することでキミスカを利用すれば他の就活生よりも早期に内定を勝ち取ることができるでしょう。

また、ナビサイト解禁前の3月より前に内定を複数勝ち取ることも夢ではありません。

キミスカには優良企業も多くありますので、ただスカウトを待つだけではなく良いスカウトを受けるために能動的に対応してください。