就職はご縁。ダメなときはダメ。次に引きずらないことが大切。

就活の際の悩みは??

大学卒業の最後の最後まで、公務員試験を目指していたので、それだけだとちょっと難しいかもと思い始めた頃には完全に就活には出遅れていました。


他にどんな職種がいいのか、どんな会社に入りたいのか、自己適正などを見極めるのは短い時間の中では無理があり、本当に悶々としました。


仲の良い友達も専門職や公務員志望の子が多く、相談するには見当違いだったので、公務員試験の勉強をしつつも一般の求人などを別に探していました。

就活を乗り切るための方法とは?

転職の際のことですが、同じ業種ではなく別の業種に進みたいと探し始めたときに、全然自分のアピール出来るポイントがないと愕然としたことを覚えています。


大学までは努力と結果が比例してとんとん拍子できたので初めて挫折を味わって、お先真っ暗な気になりました。


いつの時も現状に満足しないで、新しい資格を取ったり、何か興味のあることを深めてみたり、何でもいいので漫然と過ごすのではなく形に残るようなことをしなくてはと痛感しました。

就活では具体的にどんなことを行いましたか??

手当たりしだい情報誌やネットの転職サイト、新聞などを見て、これはという転職先がないか探しました。


それと共に、前職からの離職期間が長くなると不利になるんじゃないかと思って、焦って探していた時期もあり、ぴんとくるものがあればとにかく面接を受けたりしていました。


でも、その内に、大手企業などでなくても探してみれば色々とあるものだし、実際に内定をもらうこともしばしあったので、あまり焦らなくてもいいのかなと思いました。


大学を卒業して一度レールを外れると、再就職ってこれは結構大変なんだと実感もしましたが、かえって面白そうなバイト、短期の期間限定のバイトなど、その間に様々な職種を体験したことは、振り返ってみるととても良い経験になったと思います。


大きな企業以外目に入っていなかった頃もありましたが、それはそんなに大事なことじゃなくて、どこに入っても一生懸命仕事をする、自分にとって合った職場を見つけることが一番大切だなと感じました。

就活を通して見て感じたこと

一生懸命やるものの、もし落ちてもまだ次があると楽観的な気持ちを持つこと、心の余裕を持つこと。


就職もやっぱりご縁なので、ダメならダメで、私自身が否定されたわけではないので落ち込むことはないんだと、ちょっとタフになりました。


ただ、新しいことにチャレンジしたり、身だしなみに気をつけたり、ニュースに関心を持ったりと、常にアンテナを張って活き活きとした自分でいるようになりました。


やっている内に自分に向いていないことも分かってくるので、それも新たな発見でした。

これからの就活生へ先輩としてのアドバイス

うまくいく、と答えます。

というか、必ず自分はうまくいくと信念を持つこと、心から信じること、暗示をかけることによって、結果が付いてこなかったときにも自己否定感は生まれないように思います。

楽観的というか、次があるさと前向きに捉えることで、いつか良い結果が付いてくると思っています。


決まらないときは決まらない、それでいちいち落ち込まないことだと思います。履歴書に間があいたっていいんだし、自分を追いつめてもいいことはありません。